新本牧公園は両サイドの歩道にビッシリの桜。穴場の見どころは?

新本牧公園の桜いよいよ彼方此方で、桜の見頃を迎えました。今年の桜の季節は、咲いたと思えば寒くなり、さぁ週末だ!と思うと雨が降ったりと、タイミングを合わせるのが大変でした。

今年は、姉妹紙の「関内新聞」と「裏横新聞」連携して、様々な桜の名所を回りましたが、筆者は4月3日(月)に行った、この「新本牧公園」の桜だけがベストタイミングだったような気がします。

新本牧公園の桜新本牧公園といえば、本牧神社の正面にある芝生の広場が嬉しい公園。

天気が良く暖かい平日の昼過ぎだったこともあり、小さなお子さん達が楽しそうに遊んでいました。その中にほんの数組、レジャーシートを広げてお花見を楽しんでいる方も。

桜が満開といえる日に、このぐらいの人出しかないのはなぜだろうと不思議に思えます。

新本牧公園の桜

恐らく、こちらの桜は公園の両サイドにある歩道に植樹されているから、桜の木の下でお花見することができないからかな…。

等間隔に並んだ桜が、公園の横の歩道にびっしり。確かに歩道に座り込むことは出来ませんが、ここの桜並木の下を闊歩するだけでも心が躍ってきそうです。

新本牧公園の桜

せっかくだからと、本牧神社にも参拝。するとそこにも桜の木が満開の花をつけていました。

新本牧公園の桜

この新本牧公園の桜並木の一番の見どころは、実はここかも知れません。

本牧神社の脇から、本牧山頂公園に上がる階段の途中。振り返るとそこには、遠く彼方まで続く満開の桜の花を見ることができました。

筆者にとっての今年一番の桜は、恐らくこの眺めになるだろうなぁ。と、懐かしんだ桜レポートでした。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

本牧新聞の最新情報をお届けします

この記事の著者

編集長

編集長

本牧新聞を立ち上げたものの実は本牧ド素人。アメリカに暮らしたこともあり、アメリカンな雰囲気を感じたくて本牧に足しげく通っている。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る