釣り好きにはたまらない「本牧海づり施設」に行って釣り人とじゃれて来た

本牧のことがまだまだ分からないワタシ。シンボルタワーに行った帰りに、本牧海づり施設を見学してきました。

実はワタシ、まったくと言って良いほど釣りはしません。横浜に居るので、お誘いは多いのですが、重い腰がなかなか上がらないのが本心といったところ。

本牧海づり施設

たまたまシンボルタワーに出かけるために乗った26系統のバスが海づり桟橋止まりだったこともあり、ちょっと興味本位で施設を覗いてきました。

本牧海づり施設の看板

海づり桟橋の料金表

釣りをしない見学目的の場合の入場料は100円。本来は釣り人のお供の方用のチケットだと思われますが、ワタシは全くの見学目的。券売機でチケットを購入し、いざ施設の中へ。

海づり桟橋④

受付のおじさんにチケットを渡すと、もうそこからは桟橋が目の前に広がっています。

海づり桟橋②

平日のお昼だというのに、桟橋や岸壁には、大勢の釣りファンが集っていました。

海づり桟橋③

海づり桟橋⑤

ちょっと釣りをしている人に聞いてみたところ、この時期はイワシやクロダイなどが釣れるということでしたが、この日はあまり良くないと言っていました。

海づり桟橋①

桟橋の足元は網の目になっていて、慣れるまでは歩く足元が恐ろしく感じましたが、釣竿を垂れる釣りファンの雄姿を見ながら先端まで行って来て、いつかはワタシもここにきて釣りをしているような気がしてしまいました。

釣りファンだけでなく、海の男に憧れている人は、ここ来るだけでも楽しめるような気がしましたよ。

 

施設データ

本牧海づり施設
  • 横浜市中区本牧ふ頭1番地
  • TEL:045-623-6030
  • 利用時間:
    4月~10月 6:00~19:00
    11月~2月 7:00~17:00
    3月 6:00~18:00
  • つり料金:大人900円

※ 施設データは横浜フィッシングピアーズのホームページより。投稿日現在の情報です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

本牧新聞の最新情報をお届けします

この記事の著者

編集長

編集長

本牧新聞を立ち上げたものの実は本牧ド素人。アメリカに暮らしたこともあり、アメリカンな雰囲気を感じたくて本牧に足しげく通っている。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る